離断性骨軟骨炎でお悩みなら東京都北区接骨院「ありあけ接骨院」へ

ありあけ接骨院

03-6874-7150

〒114-0023 東京都北区滝野川2-10-13-1F

診療時間【午前】8:00〜12:00 【午後】14:00〜19:00 休診日 日曜・祝日

離断性骨軟骨炎でお悩みなら東京都北区接骨院「ありあけ接骨院」へ

各症状について

2020/11/02 離断性骨軟骨炎でお悩みなら東京都北区接骨院「ありあけ接骨院」へ

「離断性骨軟骨炎」は特に成長時期の小中学生に多く発症します。

スポーツなどで繰り返し負荷やストレスが加わるとその外傷により

血流障害を引き起こし、軟骨が壊死して剥がれてしまいます。

 

初期症状は特に感じる事が少なく見落としてしまうのも特徴の1つですが

次第に軟骨表面の亀裂や変性によって疼痛を感じます。

膝の曲げ伸ばしの際に引っかかり感やズレ感を訴える事もあります。

 

診断はCTやMRI検査などによって確認します。

治療は保存療法が第一ですが、年齢や障害の状況によっては手術も選択されます。

 

 

#離断性骨軟骨炎 #軟骨炎 #軟骨 #壊死 #血流障害

 

 

■■□―――――――――――――――――――□■■

ありあけ接骨院

【住所】
〒114-0023
東京都北区滝野川2-10-13-1F

【電話番号】
03-6874-7150

【診療時間】
(午前)8:00〜12:00
(午後)14:00〜19:00
※木曜休診
※土日も8時より診療しています

★毎月10名様限定で無料体験実施中★
お友達やお知り合いの方とご一緒でも構いません。
お気軽にお問い合わせください。相談も無料です。

■■□―――――――――――――――――――□■■

TOP