第1ケーラー病、第2ケーラー病でお悩みなら東京都北区接骨院「ありあけ接骨院」へ

ありあけ接骨院

03-6874-7150

〒114-0023 東京都北区滝野川2-10-13-1F

診療時間【午前】8:00〜12:00 【午後】14:00〜19:00 休診日 日曜・祝日

第1ケーラー病、第2ケーラー病でお悩みなら東京都北区接骨院「ありあけ接骨院」へ

各症状について

2021/01/13 第1ケーラー病、第2ケーラー病でお悩みなら東京都北区接骨院「ありあけ接骨院」へ

4~8歳くらいまでの男の子に比較的く、非常にまれですが

足の甲の内側周辺に特に怪我などしていないにも関わらず

痛みが出てきた場合は「第1ケーラー病」を疑います。

舟状骨の扁平化が原因ですが、安静にしていれば予後が良い

障害です。足底板などを使用して改善する場合もあります。

もし不安であれば近くの医療機関を受診してみて下さい。

 

もう一方の「第2ケーラー病」は別名「フライバーグ病」とも

呼ばれることもありますが、12~18歳ぐらいまでの女性に

比較的多いとされ、第二中足骨に痛みを感じる事が多いのが

特徴です。

 

診断はレントゲン検査を行い骨折などとの鑑別をして判断します。

治療としては負担となるような運動などは制限します。

場合によってはギプスを使用して荷重を避け、負担を軽減します。

予後が悪い場合は手術も選択されます。

 

#第1ケーラー病 #舟状骨 #足底板 #第2ケーラー病 #第二中足骨

#フライバーグ病

 

 

■■□―――――――――――――――――――□■■

ありあけ接骨院

【住所】
〒114-0023
東京都北区滝野川2-10-13-1F

【電話番号】
03-6874-7150

【診療時間】
(午前)8:00〜12:00
(午後)14:00〜19:00
※木曜休診
※土日も8時より診療しています

★毎月10名様限定で無料体験実施中★
お友達やお知り合いの方とご一緒でも構いません。
お気軽にお問い合わせください。相談も無料です。

■■□―――――――――――――――――――□■■

TOP