肘内障でお悩みなら東京都北区接骨院「ありあけ接骨院」へ

ありあけ接骨院

03-6874-7150

〒114-0023 東京都北区滝野川2-10-13-1F

診療時間【午前】8:00〜12:00 【午後】14:00〜19:00 休診日 日曜・祝日

肘内障でお悩みなら東京都北区接骨院「ありあけ接骨院」へ

各症状について

2019/05/06 肘内障でお悩みなら東京都北区接骨院「ありあけ接骨院」へ

6歳以下の小児の手を引っ張ったりした時に、痛がって手や腕を上げなくなったら

この「肘内障」の疑いがあります。

これは肘の橈骨頭を包む輪状靱帯がずれたりはずれかかる事が原因により生じます。

 

医療機関で受診されると、骨折や脱臼との鑑別の為にレントゲン検査を行うと思います。

その後肘内障と診断されれば徒手整復を行って橈骨頭と輪状靱帯を元の状態に戻します。

その後数分もすれば肘を動かし腕を挙げれるようになります。

 

くせにはなりませんが小児の場合、親などが手を引っ張ると繰り返し肘内障を生じます。

ただし成長するにつれて橈骨頭も大きくなるので輪状靱帯もずれたりする事がなくなるため

肘内障になることはなくなります。

 

 

■■□―――――――――――――――――――□■■

ありあけ接骨院

【住所】
〒114-0023
東京都北区滝野川2-10-13-1F

【電話番号】
03-6874-7150

【診療時間】
(午前)8:00〜12:00
(午後)14:00〜19:00
※木曜休診
※土日も8時より診療しています

★毎月10名様限定で無料体験実施中★
お友達やお知り合いの方とご一緒でも構いません。
お気軽にお問い合わせください。相談も無料です。

■■□―――――――――――――――――――□■■

TOP